学校における進学実績の重要性

School Communication

学校で進学を前提とした準備ができるか

学校選びの際に特に注意しておきたいことが、進学への対応がどの程度充実しているかです。
もちろんどのような環境であっても自分の努力によって変えることが出来る部分はあるのですが、その場合、学校と予備校を並行して通わねばならず、費用も掛かりますし身体的にも大変になります。
受験指導などが充実しているところならば、そういった無駄を防いでいくことが出来ます。
その分自分の好きな活動に集中することもできるでしょう。
学生自体は勉強だけではなく、部活動や学校の行事なども積極的に楽しんでいきたいものです。
しかし、受験準備を別途行わなければならないとなるとそれはかなり難しいこととなっていきます。
そのため、カリキュラムの中で受験対応ができるという事が必要なのです。
大学までの進学は当たり前の状況になっていますから、こういった点も学校選びのポイントとしておきましょう。
充実した学生生活を送ることが出来るようになるはずです。

学校における進学実績の重要性

進学がテーマということなので、ここでは学校の中でも特に高校について考えていきます。
学校を選ぶ時に、何を基準にするのかと言えば、とりわけ重要視されるのは、進学実績と言えます。
なぜなら、3年間の教育の中でどんな力をつけてくれるのかを判断するには、進学実績を見れば明らかであるからです。
実績が安定していれば、カリキュラムがしっかりしているとか、放課後や休暇中の受験対策や進路指導がきちんと行われているということがわかります。
また、高校の場合、大学(主に私立)へのパイプがあれば、指定校推薦をはじめ、さまざまな推薦の可能性が開けるというメリットも大きいと言えます。
生徒の立場からしても、母校の先輩が入った大学であるということで、あこがれをもってその大学を目標にして受験勉強に打ち込むいうケースも考えられます。
このように実績のある学校では、校内全体の雰囲気も落ち着いて学習に取り組む雰囲気となり、独自の伝統が作られていきます。
生徒が誇りと自信を持って通える学校になるといっても過言ではないでしょう。

Favorite

留袖について相談

最終更新日:2018/4/20

Copyright 2015 School Communication All Rights Reserved.