学校行事の意義と必要性

School Communication

学校選びでは行事参加をしてみよう

学校を選ぶときに問題となるのが、内情がなかなか見えにくいという事です。
そのため、学校を訪れることが出来る機会というものは十分活用していきたいものです。
そこで活用したいのが公開されている行事です。
これなら気兼ねなく訪れることが出来ますし、学生の普段の様子を見ることが出来るのでお勧めです。
場合によっては進学相談会やオープンキャンパスとして、進学希望者向けのプログラムを用意しているところもありますので、志望校の情報収集をしておくとよいでしょう。
こうした行事などを通して、実際の学校生活をイメージしやすくなることにより、目標もよりはっきりとしてきます。
そうすると勉強にも力が入りやすくなるので、良い成果を上げやすくなることでしょう。
実際の生徒の様子などを見ていくことで、入学後にイメージと違ったと感じることも少なくなります。
学校選びの材料として使うことが出来るように、早い段階からこうした行事参加などを考えていきましょう。

学校行事の意義と必要性

学校は、学習の場であり、授業時間を確保するために、最近ではさまざまな行事を見直し、縮小する傾向が見られます。
確かに学校行事は、その準備から実施に至るまで、時間と手間がかかり、肝心の授業をカットしなければならないケースもあります。
児童生徒の負担はもちろん、教職員の負担も大きく、ただでさえ多忙な教育現場に混乱をきたすおそれもあります。
しかしながら、そうであってもそれを実施することには、いろいろな意味で大きな意義があります。
まずは、集団での取り組みを通して、他者との協力や共感が得られ、社会性や帰属意識が高まることです。
そして、達成感を得ることで個々や集団の成長につながります。
これらは、日々の授業だけでは、なかなか育てることができません。
また、学校の存在や教育活動の一環を保護者や地域の人々に知らしめるという効果もあります。
知ってもらうことで、結びつきが強くなり、協力体制が得られます。
家庭や地域の人たちに見守ってもらえるというメリットが大きいことはいうまでもありません。
以上のことから、学校行事は、大変であっても、できるだけ工夫しながら、続けていくべきだと言えます。

おすすめWEBサイト

犬のダイエットを考える

2018/4/20 更新

Copyright 2015 School Communication All Rights Reserved.